遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

NEW ENTRY

岡田和生のいまと過去

2020/6/4

ビリオネア・岡田和生に忍び寄る「破滅の足音」

ユニバーサルエンターテインメントを創業し、一代で数千億円もの資産を築いた岡田和生氏がすべてを失う――。こんな可能性があることを、あなたはご存知でしょうか。多くの人にとっては、にわかには信じがたい話かもしれません。しかし、これはまぎれもない現実です。 この記事のあらすじ 岡田和生氏にまつわる「お金」の話 氏は10億米ドル以上の資産を保有する「ビリオネア」として知られるが、いま財政面に爆弾を抱えている 氏が現在保有する資産の合計から、今後請求される見込みの金額を差し引くと、驚きの結果になる 妻を裏切った代償と ...

ReadMore

ここまでを振り返る

2020/5/29

ユニバーサルエンターテインメントと岡田和生 「創業者追放」の真実1

ある企業の経営者に関連した不祥事や事件が起きたとき、収束するまでにどれだけの時間を要するかというと、せいぜい1年が相場です。たとえば、マスコミから粉飾決算を暴かれた光学機器メーカーの事件では、経営陣がその疑惑にしぶとく反論を続けたものの、結局1年と持ちませんでした。 大手製紙会社の会長が、会社の資金を個人的なギャンブルにつぎ込んで溶かした件にいたっては、もっと短い。こちらは、問題発覚直後に会長自ら辞任という形で幕引きを図りました。 こういったなかで、ユニバーサルエンターテインメントの事件が異彩を放つのは、 ...

ReadMore

別の事件とのつながり

2020/5/19

ストリーム相場操縦事件に有罪判決 キナ臭さが増す「岡田和生人脈」

株式会社ストリームの株価を不正につり上げたとして逮捕・起訴されていた佐戸康高被告に、有罪判決が下りました。事件は、2014年に実行されていたものです。同じ年に佐戸被告は、なぜか岡田和生氏とも金融取引の契約を交わしていました。 この記事のあらすじ 証券取引等監視委員会が2017年に告発していた相場操縦事件に有罪判決 事件の犯人は相場操縦を仕掛けた2014年に、岡田和生氏と金融取引を交わしていた 岡田和生氏の人脈について考察する いまだ謎の多い人付き合い 事件の判決については、大手のメディアが次のように報じて ...

ReadMore

東京地方裁判所のウェブサイト

司法/捜査当局の動き

2020/5/7

決着遠のく 新型コロナウイルスの影響は司法にまで

COVID-19の感染拡大に対応すべく、日本政府が2020年4月7日に発令した緊急事態宣言の影響は、司法の現場にも及んでいます。各地の裁判所では、2020年5月6日までに設定されていた期日(=口頭弁論や判決言い渡しなどを実施する日のこと)がほぼすべて取り消されました。 この記事のあらすじ 日本政府が発令した緊急事態宣言は、ユニバーサルエンターテインメントや岡田和生氏に関連する各種の訴訟にも影響する 訴訟の期日が後ろ倒しになるので、法廷闘争は長引きそう ユニバーサルエンターテインメントや岡田和生氏に関連した ...

ReadMore

ユニバーサルエンターテインメント株主総会招集通知

岡田和生のいまと過去

2020/5/7

2020年の株主総会は無風 岡田和生氏は姿を見せず

ユニバーサルエンターテインメントが2020年3月27日に東京・台場で開催した定時株主総会は、昨年と比べてずいぶん静かなものになりました。昨年と大きく違ったところは、COVID-19―いわゆる新型コロナウイルスの感染が懸念される状況にあったこと、それと今回の総会には岡田和生氏が姿を見せなかったこと、この2点です。 この記事のあらすじ 株主総会に岡田和生氏は現れなかったが、ユニバーサルエンターテインメントの経営に復帰することをあきらめていない 富士本淳社長によれば、岡田和生氏は世間から見えないところで会社に対 ...

ReadMore

注目記事

1

「人の考えを本当に理解したいなら、彼らの言葉ではなく、行動に注意を払え」――。こんな教えを遺した哲学者が生きた時代は、い ...

2

事実が何であるか見定めること、見定めようとすることは、あらゆる局面で重要な行程です。もちろん、予測することや想像すること ...

3

ある企業の経営者に関連した不祥事や事件が起きたとき、収束するまでにどれだけの時間を要するかというと、せいぜい1年が相場で ...

4

岡田和生氏は、ユニバーサルエンターテインメントの創業者であると同時に、一代で大きな財を築いた富豪としても知られた存在です ...

5

岡田和生氏と、ユニバーサルエンターテイメント。両者が日本の法廷で火花を散らしたその第一ラウンドは、会社サイドの勝利という ...

Copyright© ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇 , 2020 All Rights Reserved.