遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

NEW ENTRY

関連資料

2020/1/31

地域別ユニバーサルエンターテインメント関連訴訟相関図【フィリピン】

ユニバーサルエンターテインメントおよび岡田和生氏に関連して、フィリピンで起きた訴訟をまとめたものです。なお、ここに掲載した情報は、現地の報道や、その他の国のメディアが報じた話をもとにしています。     訴訟(A) 状況 横領があったとして刑事告訴 起訴状と逮捕状が出ている 原告 被告 Tiger Resort Leisure & Entertainment 岡田和生 概要など Tiger Resort Leisure & Entertainment(TRLE)の社内に ...

ReadMore

司法/捜査当局の動き

2020/1/25

「680億円」の衝撃――岡田和生氏を襲う過去最大の賠償請求

680億円――。大半の人にとっては気の遠くなるような金額の請求を、岡田和生氏個人が受けることになりました。2017年6月に経営騒動が表面化してから、はや2年半。ここにきて、ユニバーサルエンターテインメントグループから岡田和生氏へ、過去最大の“おしおき”です。――オトシマエ、ツケテモライマスヨ? 「680億円」の根拠は岡田和生氏の違法行為 ユニバーサルエンターテインメントグループが岡田和生氏に対して、680億円という、とてつもない金額を請求する。この一大事は、香港の現地紙に掲載された一通の書面において明らか ...

ReadMore

関連資料

2020/1/21

地域別ユニバーサルエンターテインメント関連訴訟相関図【香港】

ユニバーサルエンターテインメントおよび岡田和生氏に関連して、香港で起きた訴訟をまとめたものです。なお、ここに掲載した情報は、現地の報道や、別件の訴訟のなかで明かされた話をもとにしています。 相関図のなかで大きなポイントのひとつは、かつて訴訟(ア)において、家族に対して「持ち株を自分に売却せよ」と要望していた岡田和生氏が、2019年になってから、訴訟(ク)や訴訟(け)を通じて、「息子が持っている株は自分のモノだ」と言いはじめているところでしょうか。ここには大きな矛盾があると言わざるをえません。   ...

ReadMore

関連資料

2020/1/21

地域別ユニバーサルエンターテインメント関連訴訟相関図【日本】

ユニバーサルエンターテインメントおよび岡田和生氏に関連して、日本国内で起きた訴訟をまとめました。なお、ここに掲載中の訴訟は、ユニバーサルエンターテインメントにおいて経営騒動が表面化してから提起されたものにしぼっています。2017年5月以前にはじまっていた訴訟については、掲載していません。   ※情報はすべて2020年1月時点のものです。   訴訟(あ) 状況 損害賠償請求訴訟 係争中 原告 被告 ユニバーサルエンターテインメント 岡田和生 概要など 岡田和生氏が主導したと見られる、各種 ...

ReadMore

司法/捜査当局の動き

2019/12/26

岡田和生氏に新たな疑惑 香港で訴訟へ

巨額の不正送金。横領。特許権侵害。岡田和生氏に端を発した問題はこれまでも数々の事例が明らかになっていますが、あれらですべてというわけではなかったようです。このたび香港で、ユニバーサルエンターテインメントグループから岡田和生氏に対して新たな訴訟を起こすとの話が報じられています。 オカダマニラの開発で過剰な支出との指摘 ユニバーサルエンターテインメントグループから岡田和生氏に対して提起している訴訟はすでに複数あり、このなかにはもうじき判決が出ると見込まれるものもありますが、このたび報じられた訴訟はまったく新し ...

ReadMore

Copyright© ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇 , 2020 All Rights Reserved.