遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

NEW ENTRY

岡田和生の問題発言

岡田和生の「化けの皮」

2020/11/6

岡田和生の「化けの皮」(1)

一代にして自分の会社を大きくしたという事実。自己の資産を数千億円にまで積み上げた実績。こういった結果だけ見れば、岡田和生氏は「凄腕の経営者」というイメージになるのかもしれませんが、イメージはあくまでイメージにすぎません。 岡田和生とはいかなる人物なのか? 取材を重ねてきたなかで注目したのは、「言葉」です。これまで、さまざまな場面で岡田和生氏が口にしてきた言葉の数々を集め、披露していきます。 言葉が浮き彫りにする岡田和生の人物像 今回取り上げたのは、岡田和生氏がユニバーサルエンターテインメントから追放されて ...

ReadMore

関連資料

2020/10/23

株主代表訴訟とは何か?

ここでは、会社の経営に関連して起きる訴訟のひとつ、「株主代表訴訟」についてまとめました。株主代表訴訟は、不祥事や不正行為が見つかった会社などで提起される訴訟であり、ユニバーサルエンターテインメントとも無縁ではありません。 株主代表訴訟の大まかなポイント 目次 どんなとき提起される訴訟なのか? どんなきっかけで起きるものなのか? 誰が誰を訴える訴訟なのか? 仮に株主が勝訴するとどうなるのか? [Point1] どんなとき提起される訴訟なのか? 株主代表訴訟は、役員が不当な形で会社に損害を与えたとみなされる場 ...

ReadMore

司法/捜査当局の動き

2020/10/13

訴訟の舞台は韓国にまで拡大 岡田和生氏がさらに賠償の請求を受ける

ユニバーサルエンターテインメントは、韓国でも岡田和生氏に訴訟を提起していたようです。これで会社側が氏の問題行為を追及するのは、6カ国目。これまで岡田和生氏は、自分自身の不正や疑惑の類を一切認めていませんが、会社側は会社側で、氏の問題行為は何ひとつ見過ごすつもりはない、という腹づもりなのかもしれません。 この記事のあらすじ 世界各国で岡田和生氏を追及しているユニバーサルエンターテインメントが、韓国でも訴訟を提起した これまでの経緯を考えると、岡田和生氏は相当不利な戦いになる 岡田和生氏にとっては不利な戦いか ...

ReadMore

ここまでを振り返る

2020/10/9

岡田和生氏はどんな問題を起こしていたのか

ユニバーサルエンターテインメントと、その創業者・岡田和生氏。会社の経営に関連してはじまった両者の対立は、2020年になったいまも続き、最終的にどんな決着になるのか、なお見通しが立たない状況にあります。ただしこの騒動は、すべてが不透明なまま、というわけではありません。時間の経過とともに、白黒はっきりしてきたこともあります。 ここでは、会社から追放された岡田和生氏がどんな問題を起こしていたのか、この点についてまとめました。 「ここまでを振り返る」の記事一覧 創業者追放の真実(リンク) 岡田和生氏はどんな問題を ...

ReadMore

司法/捜査当局の動き

2020/9/17

岡田和生氏が控訴審でも敗れる 日本での刑事罰に現実味

東京地裁において、「被告・岡田和生に法律違反があった」との結論が出たのは、2020年2月のこと。あれから東京高裁でも同じ訴訟の審理が続けられてきましたが、結局、岡田和生氏の主張が裁判官を動かすことはなかったようです。2020年9月16日に、東京高裁から控訴審の判断が出てきました。 この記事のあらすじ ユニバーサルエンターテインメントが岡田和生氏に対して損害賠償を求めていた民事訴訟の続報 この訴訟の一審では、会社サイドが勝利していた 一審で敗訴した岡田和生氏は東京高裁に控訴していたが、棄却されて終わった こ ...

ReadMore

注目記事

1

「人の考えを本当に理解したいなら、彼らの言葉ではなく、行動に注意を払え」――。こんな教えを遺した哲学者が生きた時代は、い ...

2

事実が何であるか見定めること、見定めようとすることは、あらゆる局面で重要な行程です。もちろん、予測することや想像すること ...

3

ある企業の経営者に関連した不祥事や事件が起きたとき、収束するまでにどれだけの時間を要するかというと、せいぜい1年が相場で ...

4

岡田和生氏は、ユニバーサルエンターテインメントの創業者であると同時に、一代で大きな財を築いた富豪としても知られた存在です ...

5

岡田和生氏と、ユニバーサルエンターテイメント。両者が日本の法廷で火花を散らしたその第一ラウンドは、会社サイドの勝利という ...

© 2020 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇