遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

NEW ENTRY

オカダマニラ外観

岡田和生の現在(いま)と過去

2022/9/30

【情報メモ】「オカダマニラ占拠」の経緯と変遷

もとの写真はOkada Manila公式Twitterから いつもと同じように営業を続けていたリゾート施設の中枢に、徒党を組んだ集団が突如乗り込み、施設一帯を一気に占拠した――。まるで事情を知らない人が聞けば、漫画やドラマのワンシーンを思い浮かべそうな話ですが、これこそ2022年5月31日に、ユニバーサルエンターテインメントグループの所有するオカダマニラで起きたことです。 この日を境にはじまった、岡田和生グループとユニバーサルエンターテインメントグループの新たなせめぎ合い。その全体像を、ここにまとめました ...

岡田和生の現在(いま)と過去

2022/9/8

【情報メモ】「オカダマニラ強奪」に動いた主要人物たちの足跡

ユニバーサルエンターテイメントグループによって運営されていたオカダマニラを力づくで実効支配するという、大胆な行動に出た人々の足跡を追うことで、何か見えてくるのではないか――。そんな考えから、当該事件の実行役になったAntonio Cojuangco氏およびDindo Espeleta氏に、岡田和生氏を加えた3人にまつわる出来事をまとめました。 あとあと事件の真相が明らかになったとき、ここで取り上げた出来事が何か大きな意味を持っていたと判明したりすることもあるかもしれません。 事件の実行役になったひとり、D ...

訴訟と捜査の現場から

2022/9/8

【情報メモ】香港で20数億円相当の賠償請求に直面する岡田和生氏の対応ぶり

香港で続く訴訟に、いくらか進捗があったことを確認しました。岡田和生氏は、ユニバーサルエンターテインメントグループから流出した総額1億5000万香港ドルあまりに関連して賠償請求を受けているこの訴訟においても、ひどい対応を繰り返しているようです。 ここで取り上げる訴訟の概要 訴訟提起の日付 管轄の裁判所 2017年12月27日 香港高等法院 原告 被告 Tiger Resort Asia 岡田和生、 オカダホールディングス、 李堅、ゴールドラックテック、 Okada Fine Art ※各被告の詳細については ...

弁護士・荒井裕樹

元関係者とのつながり

2022/8/22

恫喝まがいの訴訟攻勢を仕掛けた弁護士に待っていた一大事

かつてはテレビや雑誌にまで取り上げられて、若手のホープとばかりに喧伝されていた弁護士が、いまや処分の対象として審査を受ける立場にあるのですから、人生わからないものです。もっとも、足もとの状況については、当の本人からしても想定外の事態なのかもしれません。「こんなはずではなかった」、と。 画像はAttorney's MAGAZINE Onlineから 「あの」弁護士が懲戒処分に直面 かつて、ユニバーサルエンターテインメントの法律事務を受託していた荒井裕樹弁護士。彼がいま、弁護士として懲戒処分を受けるかもしれな ...

岡田和生の現在(いま)と過去

2022/9/27

【短信】沈黙を破った岡田知裕氏 オカダマニラを強奪した父親の排斥に動くと言明

画像は当サイトのYoutube動画から 岡田和生グループがオカダマニラを強奪し、占拠を続けている状況に対して、岡田和生氏の息子・知裕氏がプレスリリースを通じて声明を公表しました。岡田知裕氏がこうやって表立った動きを見せるのはこれまでなかったことであり、これは強い決意のあらわれと言えそうです。 岡田知裕氏の主な声明 「私は、以前から父の経営や倫理観に反対してきました。父は、常に法律の上に立っているかのように行動するからです」 「父は、合法性とグッドガバナンス(=善き統治)の観念すべてを失っている。自分の会社 ...

Main Contents

注目記事

岡田和生 1

岡田和生とは? 遊技機メーカーと知られるユニバーサルエンターテイメント(創業時の社名は「ユニバーサルリース」)を立ち上げ ...

ユニバーサルエンターテインメント 2

渦中のユニバーサルエンターテインメント このカテゴリでは、ユニバーサルエンターテインメントの経営に関連したトピックを主に ...

3

ある企業の経営者に関連した不祥事や事件が起きたとき、収束するまでにどれだけの時間を要するかというと、せいぜい1年が相場で ...

4

岡田和生氏は、ユニバーサルエンターテインメントの創業者であると同時に、一代で大きな財を築いた富豪としても知られた存在です ...

5

ユニバーサルエンターテインメントグループで繰り返されてきた不正の責任は誰にあるのか? こんな問題をめぐって2017年から ...

荒井裕樹 6

ユニバーサルエンターテインメントに残る経営陣と、同社から追放された岡田和生氏。両者が対立する構図のなかでひときわ異彩を放 ...

岡田和生の「無条件釈放宣言」はフェイクか 7

ここに、「奇妙な事実」があります。そしてこの事実に基づけば、岡田和生氏の主張は、またしてもたちまち矛盾をはらんだものにな ...

PLAY NOW

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇