遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

追われた創業者の足跡

公文書を巡る不可解 岡田和生氏周辺が関与?

投稿日:2018年10月24日 更新日:

ユニバーサルエンターテインメント(UE社)の関係会社であり、フィリピンにおいて統合型リゾート「Okada Manila」を運営するTIGER RESORT, LEISURE AND ENTERTAINMENT INC.(TRLEI)が、現地で岡田和生氏を告発した件では、不可解な事態が確認されています。検察が告訴への判断を公表するより先に、その判断に至った旨を記す公文書が、ある人物のInstagramに投稿されていたのです。

当局が公表するより数日早く公文書を入手した形跡

TRLEIが訴えていたのは、2018年1月のこと。次の2件に関して、不正を追求する内容でした。

  • (1)TRLEI社内の決議なしに、岡田和生氏が317万米ドルの給与とコンサルタントフィーを受け取った
  • (2)TRLEI社内の決議なしに、岡田和生氏が経営するAruze Philippines ManufacturingからOkada Manilaに700万米ドル相当のLED照明設備を供給すると決めた
Kazuo Okada faces $10M fraud and perjury cases in the Philippines
Kazuo Okada faces $10M fraud and perjury cases in the Philippines

A fraud and perjury cases has lodged against Kazuo Okada & h ...

続きを見る

告訴について検察が下した判断は、不起訴処分。この判断が、検察から公表されたのは2018年5月21日で、それに対して問題のinstagramは、2018年5月18日には投稿されていたと見られています。つまり、当局が結果を公表する数日前に、Instagramの投稿者は公文書を入手していたことになるわけです。公文書が掲載されたInstagramの投稿には英語で「悪魔はもうすぐ地獄におちる。岡田和生氏に対する2つの詐欺事件は却下された。正義は勝つ」と添えられており、岡田和生氏に近い人物の仕業であることが強く疑われます。Instagramの当該アカウントは、現在非公開設定になっており、自由に閲覧することはできません。しかし、過去の投稿では岡田和生氏本人の姿も確認されており、かなり親密であることをうかがわせました。

考えてみてください。もし、 あなたが裁判の当事者になっている状況で、その裁判の判決内容が当局から公表されるより先に、相手方に渡っていたとしたら。そこに不正があったと疑わずにいられるでしょうか?





【不正を相談するなら専門家までっ】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-追われた創業者の足跡
-

Copyright© ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇 , 2019 All Rights Reserved.