公文書を巡る不可解 岡田和生氏周辺が関与?

UECの関係会社であり、フィリピンにおいて統合型リゾート「Okada Manila」を運営するTIGER RESORT, LEISURE AND ENTERTAINMENT INC.(TRLEI)が、現地で岡田和生氏を告発した件では、不可解な事態が確認されています。検察が告訴への判断を公表するより先に、その判断に至った旨を記す公文書が、ある人物のInstagramに投稿されていたのです。

当局が公表するより数日早く公文書を入手した形跡

告訴に対する検察の判断は、不起訴処分。この判断が、検察から公表されたのは2018年5月21日で、それに対して問題のinstagramは、2018年5月18日には投稿されていたと見られています。公文書が掲載されたInstagramの投稿には英語で「悪魔はもうすぐ地獄におちる。岡田和生氏に対する2つの詐欺事件は却下された。正義は勝つ」と添えられており、岡田和生氏に近い人物の仕業であることが強く疑われます。Instagramの当該アカウントは、現在非公開設定になっており、自由に閲覧することはできません。しかし、過去の投稿では岡田和生氏本人の姿も確認されており、かなり親密であることをうかがわせました。

岡田和生の愛人が検察との癒着の証拠をインスタに公開か 自ら墓穴を掘る - オカダマニラを応援するブログ
日大アメフト部の前監督が前代未聞の会見をする中、マニラでは驚くべき出来事が起こっているようです。 Firm wants Parañaque fiscal to inhibit from Kazuo Okada estafa complaintParañaque prosecutor asked to inhibit f...
岡田和生氏サイドへの検察官の事前リーク問題 続報 - オカダマニラを応援するブログ
以前、紹介したこちらの問題ですが、現地フィリピンでは続報が入っていますね。 www.kabuo10x.fun 現地ニュース DOJ to probe 'leaked' resolution on Okada complain Philippine prosecutors clear Kazuo Okada - AGB ...

考えてみてください。もし、 あなたが裁判の当事者になっている状況で、その裁判の判決内容が当局から公表されるより先に、相手方に渡っていたとしたら。そこに不正があったと疑わずにいられるでしょうか?

コメント