遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

訴訟と捜査の現場から

【情報メモ】岡田和生氏が名誉毀損を訴えていた訴訟の控訴審判決

「名誉毀損があった」として、岡田和生氏は2017年から訴訟をはじめていたものの、こちらも氏の思い通りにいかないまま終わりそうです。氏にとっては、何の実りもない控訴審判決が出ました。

訴訟の概要
※情報は原審に基づく
訴訟提起の日付 管轄の裁判所
2017年9月4日 東京地方裁判所→東京高等裁判所
原告 被告
岡田和生 ユニバーサルエンターテインメントほか
訴訟の内容
岡田和生氏が提起した訴訟。氏は、2017年8月30日にユニバーサルエンターテインメントから公表された調査報告書が名誉毀損にあたるものだとして、損害賠償を求めている。リンク先の訴訟(い)に該当。

控訴審判決の内容

控訴審判決の内容は次の通りです。

  • 判決が出たのは2021年9月15日
  • 岡田和生氏の控訴は棄却

とどのつまり、岡田和生氏は一審で出ていた敗訴という結果を覆せなかった、というわけです。

なお、法廷にいた人の話によれば、判決の当日は岡田和生氏本人が姿を見せて、静かに裁判官の言葉を聞いていたそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済ランキング
記事の内容に満足いただけたら、クリックをお願いします。

-訴訟と捜査の現場から
-,

© 2021 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇