遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

渦中のユニバーサルエンターテインメント

【ファクトチェック】岡田和生氏がつづった「オカダマニラの売却話」は本当か?

ユニバーサルエンターテインメントの現体制に対していまなお批判を続ける岡田和生氏が、Twitter上で「ユニバーサルエンターテインメントから、オカダマニラを売却する話が出ている」といったコメントをしました。オカダマニラといえば、ユニバーサルエンターテインメントがフィリピンにおいて2017年から営業をはじめたIRリゾート施設です。果たして、これは事実なのでしょうか?

岡田和生公式Twitterは「オカダマニラの売却話」があるとつづった

判定:「オカダマニラの売却話」はフェイク

結論から述べると、岡田和生氏の投稿(※上に掲載したツイートが実物)はフェイク、つまりデタラメです

ユニバーサルエンターテインメントは、オカダマニラを売りに出していませんし、売りに出す予定もありません。当方が同社のウェブサイトから岡田和生氏の当該投稿について問い合わせたところ、下記の回答をいただいています。




そしてまた、岡田和生氏の投稿に添付された「FOR SALE」なる情報の出どころが、インターネット上の非正規なものに過ぎないことも、当方のリサーチでおおかた突き止めています。

①Googleから見つかるリンクにおいて画像2点とテキストが一致

「オカダマニラの売却話」の情報元

②当該URLはリンク切れ(?)のため、実物は確認できず

FOR SALE Okada Manilaのリンク先

③その代わり、この手の話がネット上に氾濫していることを確認

そこかしこにある「オカダマニラの売却」という偽情報

仮にオカダマニラのような事業の売却案件が動く場合、こんなふうにして現地の不動産業者(を名乗るモノ)が情報をネット上でおおっぴらにして、不特定多数に取引を持ちかけることなどありません。

岡田和生氏が取り上げたような、出所のわからない、疑わしい話に直面したとき肝要になるのは、情報の受け手がまずしっかり立ち止まること、そして情報を精査することです。くれぐれも、鵜呑みになさらぬように。





……いや、それにしても、岡田和生氏はどれだけウソを繰り返すのでしょうね。

自分が「風説の流布」に該当しかねない行動をとっているという認識はお持ちなのでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済ランキング
記事の内容に満足いただけたら、クリックをお願いします。

-渦中のユニバーサルエンターテインメント
-

© 2021 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇