遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

岡田和生の現在(いま)と過去

岡田和生氏が5千万米ドルの支払いに直面 弁護士への報酬未払いで

「岡田和生が、Bartlit Beck法律事務所に対して5000万ドルの債務を抱えているのは間違いない」。海の向こう、米国・イリノイ州の裁判所で、2021年3月12日にこんな審判が下りました。

イリノイ州シカゴ

この記事のあらすじ

  • 岡田和生氏が米国の法律事務所とトラブルになっている
  • 裁判所はこのトラブルに関して、岡田和生氏に5000万米ドルの支払い責任があると結論づけた

法曹界に難癖つけた岡田和生氏が立て続けに完敗を重ねる

何が起きているかといえば、弁護士報酬をめぐるトラブルです。2017年12月に現地の著名法律事務所・Bartlit Beckと岡田和生氏の両者が弁護士契約を結び、業務の対価について「60万米ドルの月額報酬+最大5000万米ドルの成功報酬」という内訳で合意していたものの、この一部が支払われていないのです。

岡田和生氏からBartlit Beckに弁護を依頼した訴訟は、契約のあとおよそ3ヶ月で終結しています。ところが、Bartlit Beckによれば、この訴訟で成功報酬の条件を満たしたにもかかわらず、岡田和生氏はその支払いを拒んできた、というのがこれまでの経緯です。

しかも、この件については別途仲裁(※)のプロセスを経て、そこで仲裁人から「岡田和生は債務を履行していない(=契約違反)」という判断が出たこともわかっています。つまり、岡田和生氏はこういった第三者の判断すら聞き入れないまま、再三にわたって今日まで弁護士報酬の支払いを固辞してきたわけです。いやはや図太い。

「仲裁」とは?

仲裁とは、紛争を抱えた当事者たちが、第三者である仲裁人に判断をゆだねること。紛争の解決手段として広く知られる通常の裁判と比べて短期の工程で決着するため、時間と費用の負担が小さい。Barlit Beck法律事務所と岡田和生氏の契約には、紛争解決条項としてあらかじめ仲裁が盛り込まれていた。

このたび出た裁判所の審判まで、どんな順序で何が起きてきたか。少々複雑な経緯をひとまとめにすると、次のようなタイムラインになります。

Bartlit Beck法律事務所と岡田和生氏の経緯

2017
2017-10-23

Bartlit Beck法律事務所の代表と岡田和生氏が会合

双方はラスベガスで会い、弁護士契約について話し合った。

2017-12-09

Bartlit Beck法律事務所と岡田和生氏が契約を締結

この契約では、2017年11月から裁判終了までの間、月額報酬として60万米ドルを支払うこと、そして成功報酬として上限5000万米ドルを設定すると決めていた。

2018
2018-03-08
2018-05-07

契約上の支払期日が到来

契約書面上では、この日までに依頼人から法律事務所に報酬を支払うと決まっていたが、岡田和生氏から5000万ドルの成功報酬が支払われることはなかった。

2018-07-27

Bartlit Beck法律事務所が仲裁の手続きに動く

成功報酬の支払い拒否は契約違反にあたるということで、Bartlit Beck法律事務所はこの日、仲裁の手続きに入る。同法律事務所と岡田和生氏の契約には、あらかじめ紛争解決条項が盛り込まれていた。

2019
2019-10-25

仲裁の審問には出席しないという意向を岡田和生氏が表明

本来の予定では、来る10月28日からシカゴで証拠調べのプロセスに入るはずだった。仲裁人は、両当事者に議論を続けるよう要請したものの、岡田和生氏は「契約は有効でないので、仲裁には出席しない」と自分の弁護士に伝えている。これ以降、氏は仲裁に参加していない。

2019-12-20

仲裁裁定でBartlit Beck法律事務所に有利な判断が下る

Bartlit Beck法律事務所が立証責任を果たしたとして、仲裁人は同事務所を支持した。この結果、岡田和生氏は事実上、Bartlit Beckへの支払いが避けられなくなったと言える。

2019-12-30

Bartlit Beck法律事務所が仲裁裁定の確認を求めて訴訟に動く

(成功報酬の取り決めがあったのに)「岡田和生は債務を履行していない」という仲裁の結論が間違いないものであることを確認すべく、Bartlit Beck法律事務所から岡田和生氏に対して訴訟を提起した。改めて裁判所からお墨付きが得られれば、5000万米ドル相当の財産を差し押さえにいくのかもしれない。

2021
2021-03-12

裁判所から「仲裁裁定を支持する」との判断が下る

どのようにして最終的な判断に至ったのか、細かな経緯については判決文につづられている

米国でも見抜かれた岡田和生氏のウソ

それにしても、岡田和生氏のなりふりかまわない行動は、米国人が相手になっても相変わらずのようです。今回のケースでは、ここに掲載したタイムラインをご覧いただくとわかるように、「法律事務所との契約は無効」と一方的に宣言して、自分だけ仲裁のプロセスから途中離脱していました。Bartlit Beckと交わした契約では、当事者間に紛争が生じた場合、仲裁で決着をつけると約束していたにもかかわらず、です。

岡田和生氏は、ユニバーサルエンターテインメントグループから追放されるきっかけになった事件の調査でも、似たようなことをしています。土壇場でヒアリングをキャンセルし、調査に協力しなかったのです。しかも氏は、ヒアリングに応じなかった件について後日ウソで上塗りしました

【注目】岡田和生という男の現実と本質

「人の考えを本当に理解したいなら、彼らの言葉ではなく、行動に注意を払え」――。こんな教えを遺した哲学者が生きた時代は、い ...

一応本人は、仲裁への参加を放棄するにあたり、もうひとつもっともらしい理由も挙げていました。「病気になってしまい、米国への長旅ができない」と。そして、今般の裁判では仲裁を放棄した当時の病状について証明すべく、主治医による宣誓書と医療記録、それと手紙を提出しています。なんでもこれらによれば、「審問が開始されることになった時点で、被告(※岡田和生氏のこと)は心臓病のために、ベッドで休むことが必要」だったそうです。なるほど、ならばしょうがない……とはなりません。もっともらしい作り話にすぎないのですから。

百聞は一見にしかずです。次のコンテンツをご覧ください。これらは、仲裁への参加を放棄することを告げた日とほぼ変わらない時期に、岡田和生氏がInstagramとFacebookに投稿していたものです。





トレーニング中の岡田和生

ご覧のとおり、ここではたしかに、心臓を患ってベッドで休む必要のあった人間が、なぜかせっせとウェイトトレーニングに励んでいます。もはや、これはコントでしょう。

なお、これらの投稿は、裁判のなかでも取り上げられました。そしてその結果、このたびの審判に至ったわけです。当然の結果と言えるかもしれません。




現地の報道によれば、岡田和生氏はこの訴訟についてすでに上訴の手続きを済ませ、引き続き争う姿勢を示しているそうです。

しかし、こうやって氏のウソがあっけなく暴かれたいま、せいぜい徒労に終わるだけのように思えてなりません。素直に自分の過ちを認めて、法律事務所に支払う5000万ドルを用意するのが現実的ではないでしょうか。支払いを先延ばしにしていれば、それだけ利息がふくらむこともあります。

ひょっとしたら、すでにそんな金額が支払えないほど、じつは厳しい財政状態にあるのかもしれませんが。

岡田和生氏は、ユニバーサルエンターテインメントグループからも多額の賠償請求を受けています。下記の記事では、氏の懐事情にふれました

ビリオネア・岡田和生に忍び寄る「破滅の足音」

ユニバーサルエンターテインメントを創業し、一代で数千億円もの資産を築いた岡田和生氏がすべてを失う――。こんな可能性がある ...











これまでのデタラメが「虚偽陳述」と受けとめられた場合、どうなるのでしょうね?

-岡田和生の現在(いま)と過去
-,

© 2021 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇