遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

訴訟と捜査の現場から

【情報メモ】5千万米ドルの請求に直面する岡田和生氏 支払いは不可避か

「弁護士報酬5000万米ドルの未払い」をめぐって、米国の法律事務所・Bartlit Beckと岡田和生氏の間で訴訟沙汰になった件の続報です。

裁判においてBartlit Beck陣営から5000万米ドルの支払いを履行するよう訴えられた岡田和生氏は、一審で敗れたあと上訴していたものの、控訴審でも状況はかんばしくないようです。海外メディアが、控訴審の様子について次のように報じています。

Japanese billionaire squares off with Bartlit Beck in $50 mln fee fight | Reuters
Japanese billionaire squares off with Bartlit Beck in $50 mln fee fight

A federal appeals court in Chicago on Wednesday appeared ske ...

続きを見る

A federal appeals court in Chicago on Wednesday appeared skeptical of arguments by Japanese pachinko billionaire Kazuo Okada that he shouldn't be forced to pay $50 million in legal fees stemming from an earlier court fight with Wynn Resorts Ltd.
意訳:シカゴの連邦控訴裁判所は、5000万米ドルの支払いに関する岡田和生氏の主張に懐疑的な見解を示しました。

このぶんだと、やはり遅かれ早かれ5000万米ドルの支払いは避けられないのではないでしょうか。

なお、裁判所における弁護士と判事のやりとりについては、下記のリンク先で実際の音声が公開されています。

Oral Argument for Bartlit Beck, LLP v. Kazuo Okada – CourtListener.com
Bartlit Beck, LLP v. Kazuo Okada

Oral Argument for Bartlit Beck, LLP v. Kazuo Okada

続きを見る

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済ランキング
いっそうの認知度向上のため、クリックをお願いします。

-訴訟と捜査の現場から
-,

© 2021 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇