続・オカダホールディングスを巡る議決権争い

世間から「内紛」とも評される、ユニバーサルエンターテインメント(UEC)の経営騒動において、Okada Holdings Limited(OHL)の議決権争いがひとつのキーになっているのは既報の通り。きっかけは、岡田知裕氏が妹の裕実氏と交わした信託契約で得た合計約54%の議決権を行使して、父でありUECの創業者でもある和生氏を、OHLの董事(=取締役に相当)から退かせたことでした。しばらくして和生氏は裕実氏に接触して、彼女を味方につけることに成功したものの、冒頭の信託契約が期間30年に及ぶもので、なおかつ一方的な解約も難しい内容だったために、いまなおOHLの実権をにぎれず、ひいてはUECの取締役にも復帰できないままでいます。

知裕氏サイドと、和生氏サイド。信託契約の事情があるために続く、双方の膠着を打開するのは何か。その答えになるかもしれない、係争中の訴訟があります。

<<続きはこちらからご注文ください>>

※ご要望が多ければnote版で公開することも検討いたします。

この記事は、OHLことオカダホールディングスの議決権を巡るあれこれについて、もっと知りたい、という人に向けたものです。UECの経営騒動を理解する上で必須、というわけではない一方で、この件についてもっと知りたいという人にとっては有益な内容だと考え、有料記事という位置づけにします。
記事の価格については、記事作成にあたって必要になる各種情報を集めるために、(都内在住の)ひとりが負担することになるであろうトータルコストが元になっています。集めた情報の精査、記事の構成および執筆に要する労働・時間コストは価格に含んでいません。​労働・時間コストを支払うことなく、記事が入手できる。この点がメリットだと理解していただけますと幸いです。
なお、記事の販売先については、決済方法の多様性を優先いたしました。楽天Payによる決済が使えるそうなので、手持ちの楽天ポイントを充当いただくこともできるはずです。
以下、有料記事の概要になります。

  • 文章はトータル2800文字超
  • 信託契約前後の経緯を示す図解3点
  • こちらの記事よりずっと踏み込んだ内容になっています
  • UECへの投資に関心を持つ方から高い評価をいただいています
記事の著作権は、筆者に帰属します。
筆者に許可なく有料記事の内容について

  • 公開、再配信、他のウェブサイトへ掲載することを禁じます
  • 引用や転載、コピー&ペーストの類を実施することも認めません
  • 事実に基づき記事を作成した自負はございますが、内容の正確性、安全性、有用性などについて、一切の保証を与えるものではありません。
    記事のクオリティに不安がある方は購入をお控えください。
    文章のクオリティについては、当サイトの各記事を参照ください。

    コメント