遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

訴訟と捜査の現場から

【情報メモ】特許侵害をめぐる米国の法廷闘争 今後の見通しは

特許侵害をめぐって、2018年からユニバーサルエンターテインメントとアルゼゲーミングアメリカが争う訴訟は、ようやく後半戦といった雰囲気です。米国ネバダ州の裁判所は、2022年4月18日付けで最新のスケジュールを公表しました。

訴訟の概要
訴訟提起の日付 管轄の裁判所
2018年3月30日 米国ネバダ州地区連邦地方裁判所
原告 被告
ユニバーサルエンターテインメント アルゼゲーミングアメリカ、岡田和生
訴訟の内容
2018年に、ユニバーサルエンターテインメントがアルゼゲーミングアメリカとそのオーナー・岡田和生氏を相手取ってはじめた訴訟。原告は、自社の特許を被告によって侵害された、と訴えている。リンク先の訴訟(a)に該当。




訴訟のスケジュール

公開された書面によれば、2023年8月に事実審理前(Pre-trial)の手続きとなる見込みですから、実際の審理(=trial)に入ってそこから評決に至るのは、それ以降になると考えられます。

工程 日取り
End of Fact Dicovery 2022/12/31
Initial Expert Diclosures 2023/03/01
Rebuttal Expert Disclosures 2023/05/01
End of Expert Dicovery 2023/06/26
Dispositive Motions Due 2023/07/31
Opposition to Dispositive Motions Due 2023/09/01
Replies in Support of Dispositive Motion Due 2023/10/02
Post-Claim Construction Settlement Conference 裁判所のクレーム解釈命令(=claim construction order)が出てから30日後
Joint Pre-Trial Order 2023/08/21(ただちに裁判所による判決を求める申し立て=dispositive motionがない場合)

または

dispositive motionに関する裁判所の裁定が出てから30日後


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済ランキング
記事の内容に満足いただけたら、クリックをお願いします。

-訴訟と捜査の現場から
-

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇