遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

岡田和生のいまと過去

2020年の株主総会は無風 岡田和生氏は姿を見せず

2020年4月23日

ユニバーサルエンターテインメントが2020年3月27日に東京・台場で開催した定時株主総会は、昨年と比べてずいぶん静かなものになりました。昨年と大きく違ったところは、COVID-19―いわゆる新型コロナウイルスの感染が懸念される状況にあったこと、それと今回の総会には岡田和生氏が姿を見せなかったこと、この2点です。

この記事のあらすじ

  • 株主総会に岡田和生氏は現れなかったが、ユニバーサルエンターテインメントの経営に復帰することをあきらめていない
  • 富士本淳社長によれば、岡田和生氏は世間から見えないところで会社に対して業務妨害を続けているそう

「あきらめた」わけではない

昨年の株主総会では、岡田和生氏が会場に姿を見せ、受付でひと悶着を起こすなどしていました。このあたりのことについては過去に記事のなかでふれたので、いまだに記憶している方もいらっしゃるかもしれません。

岡田和生のTwitter登場時
岡田和生氏が反論キャンペーン 「逮捕」の件はひた隠す

テクノロジーの進化に伴い、情報の伝達手段は多様化してきました。今やインターネットは、世界中の人にとって当たり前のもの。個 ...

ああいったことがあっただけに、「今年の株主総会でも何かあるのではないか」と考えられたわけですが、今回は特段何事もなく終わりました。

ただし、今年の株主総会に岡田和生氏が姿を見せなかったこと、この1点でもって、「岡田和生氏は経営への関与をあきらめたのではないか」と考えるのは早計です。このことは、氏が一審で敗訴した訴訟の控訴手続きを進めていることから見ても明らかでしょう。

損害賠償請求訴訟に判決下る 東京地裁は岡田和生氏に支払命令

岡田和生氏と、ユニバーサルエンターテイメント。両者が日本の法廷で火花を散らしたその第一ラウンドは、会社サイドの勝利という ...

氏の辞書に「あきらめる」という単語があるとは思えません。




水面下で続く攻防

株主総会の当日には、岡田和生氏に関連して、ユニバーサルエンターテインメントの富士本淳社長から次のような話もありました。同社の2019年12月期の業績が当初の見込みと比べて悲惨な結果になった原因のひとつには、岡田和生氏による妨害行為が挙げられるというのです。

2019年12月期の業績に関する参考リンク

岡田和生氏からの妨害行為に関する富士本淳社長の説明

  • 岡田和生氏から濫訴的な行為や業務妨害的な行為があった
  • 具体的には、フィリピンにおいて不動産の売買禁止命令の申し立てや、これに伴う分割登記禁止命令があった
  • これらを解除する手間が生じた
  • 結果、未使用地の有効利用と不動産事業の収益化計画が遅れた



  • 富士本淳社長の説明が示唆するところは、世間で報道されているような話のほかにも、ユニバーサルエンターテインメントと岡田和生氏の間では、水面下でさまざまなせめぎ合いがあるということ。今後、岡田和生氏がどこかしらで身柄を拘束されるようなことにならない限り、こういった状況に変化はないのかもしれません。







    フィリピンでは岡田和生氏に逮捕状が出ているんですけどねぇ……

    逮捕しちゃうぞ<新装版>(1) (アフタヌーンコミックス)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    社会・経済ランキング
    お楽しみいただけたら、応援のクリックをお願いします。

    -岡田和生のいまと過去
    -

    Copyright© ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇 , 2020 All Rights Reserved.