遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

荒井弁護士がUEを相手取って訴訟を提起

ユニバーサルエンターテインメントが懲戒請求を届け出たことを受けて、荒井弁護士はこの日、同社を相手取って訴訟を起こした。

荒井弁護士いわく、

  • 違法行為はしていない
  • それにもかかわらず、ユニバーサルエンターテインメントは懲戒請求を届け出たと世間に公表した
  • これは、原告(=荒井弁護士のこと)があたかも違法行為をしていたと印象づけるものになるから、名誉毀損にあたる

とのこと。

同弁護士陣営は、この訴訟で慰謝料と弁護士費用の合計を11億円と見積もり、このうち1500万円を請求する、とした。陣営としては、まず1500万円を請求しておき、勝訴が決まったら残額の10億円あまりを追加で請求する目論見だったと考えられる。

-

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇