遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

荒井弁護士の懲戒事案に「審査を求める」との議決が下る

第一東京弁護士会の綱紀委員会は、この日、荒井弁護士の事案について、「懲戒委員会に事案の審査を求める」と議決した。

当該議決では、下記のことが認定されたという。

  • 荒井裕樹が弁護士個人としてユニバーサルエンターテインメントと締結していた委任契約を、ウェル・インベストメンツ・リミテッドに切り替えたことは、弁護士または弁護士法人でない者に、報酬を得る目的で法律事務を取り扱わせるもの
  • ウェル・インベストメンツ・リミテッドには弁護士法72条違反があった
  • 荒井裕樹が、ウェル・インベストメンツ・リミテッドを利用して委任契約を締結した行為は、弁護士職務基本規程11条(非弁護士との提携)違反にあたる
  • これらの違反行為は、懲戒事由である弁護士としての品位を失うべき非行に該当する

-

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇