遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

フィリピンの控訴裁判所が岡田和生氏の逮捕状に取消命令

ここで裁判所が取り消しを命じたのは、2019年1月4日付けで出ていた逮捕状。この逮捕状は、Tiger Resort Leisure & Entertainmentにおいて岡田和生氏による横領があったとして出ていたもので、この日までは、逮捕状に対して岡田和生氏から複数回にわたって異議申し立てをするなどしても、すべて却下されていた。逮捕状が出てから3年近く経って、ここで取り消し命令に至ったことは、ある意味、突発的事変だったと言える。


裁判所から開示された書面を読む限り、事実として、岡田和生氏がTiger Resort Leisure & Entertainmentの定款を破って、会社の資金をフトコロに入れるようにしていたことは間違いない。


ただ、裁判所は「刑罰法令は、国家に対しては厳格に解釈され、被告人には寛大に解釈されるというルールである」との見解を示している。

-

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇