遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

岡田和生氏が家族に対して株式を自分に売却するよう求める

去る2017年5月23日の取締役会で、ユニバーサルエンターテインメントから事実上の追放処分を受けていた岡田和生氏は、まもなく香港で知裕氏をはじめとした親族らを提訴(※リンク先訴訟(ア)参照)。このなかで、子供たちや妻の持つ(オカダホールディングスの)株式を自分に売却するよう求めた。

氏は、親族の持つ株式を買い取ることで、ユニバーサルエンターテインメントの実質的な親会社にあたるオカダホールディングスの実権をたしかなものにして、即座に復権することを画策していたと考えられる。

しかし、裏を返せば、この時点で岡田和生氏は、知裕氏らの持つ株式が、親族それぞれのものであることを自ら認めていたことになる。

-

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇