遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

岡田和生氏が中山達樹弁護士とともに記者会見を開く

記者会見では、岡田和生氏がこの先の展望について、「今後、手続きが進めば、自分が(ユニバーサルエンターテインメントの)社長に復帰する」と主張。氏は、その根拠として、「長女と自分の株を合わせて過半数を取り戻した」としていた。

これも、岡田和生氏自ら、「家族の人間はそれぞれがオカダホールディングスの株式および議決権を持っている」と認めていた証左だと言える。

-

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇