遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

岡田和生氏が香港で新たな訴訟を提起

岡田和生氏はこの日、香港でオカダホールディングスなどを相手取って訴訟を提起した(リンク先訴訟(エ)参照)。原告として、訴訟に至った経緯を説明する文書のなかでは、「原告の息子である岡田知裕は、オカダホールディングスの株式43.48%を保有する」と明記している。

また、こののち2018年5月21日に岡田和生氏が手続きした別の申し立て(リンク先訴訟(カ)参照)でも、提出書面のなかで同じように知裕氏の株式保有を認めていた。

-

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇