遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

週刊現代2019年3月30日号の誌面に岡田和生氏が登場

記事は、「相続対策で名義変更して、信じていた息子にすべてを取られるまで」と題したもの。岡田和生氏の話として、「将来の子どもたちへの相続や事業承継に備えて、私の株式を長男・知裕や長女・裕実の名義にしていました」「それが裏目に出て、ユニバーサルエンターテインメント社の現経営陣に知裕がそそのかされ、会社を乗っ取られてしまったのです」「実際の株は私のもの」「子供にも『預かっているだけ』という認識はあったはず」「『私の何が悪かったんだ?』と聞くつもりで息子との対話を望んでいますが、連絡が取れない状況です」といった言葉が載っている。

-

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇