パートナー候補だった1社が岡田和生氏との関係をすべて解消

土地問題がまとまりつつあるとわかると、これまでパートナー候補だったEmpire East Land Holdings社は、「岡田和生氏たちとこれ以上の話し合いをしない」と発表した。同社は、2012年7月に岡田和生氏たちと結んでいた合弁事業契約も解消し、手を引くという。同社はまた、こうした判断に至った理由について、「岡田和生氏を取り巻く問題や、株主からの懸念を受けて」と説明した。

事実にもとづく、事実にこだわる

当サイト「ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇」が大切にしているのは、

  • 事実にもとづく、事実にこだわる
  • しっかりとした裏付けをとって、真相に迫る

という信念です。
当サイトでは、こうした信念を貫くため、裁判記録をはじめとした国内外のありとあらゆる情報にアクセスし、さまざまな物証に目を通し、徹底して調査することに注力しています。「誰々がこう話した」「関係者はこう言っている」、そんな伝聞を中心にすえた記事とは一線を画す、

ホンモノの記事


をご覧ください。

-