遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

岡田和生氏のアシスタントがSNSに意味深なコメントを投稿

長らく岡田和生氏のそばでアシスタント役を務めている宇佐美貴士氏が、インターネット上で「私のボスはまだあきらめていない」などと宣言。同時に投稿した写真には、フィリピンの建設会社であり、オカダマニラの基礎工事を担当した、Sta. Elena Construction and Development CorporationのCEO・Alice Eduardo氏と並んだ彼の姿があった。


ちなみに、ここに登場したAlice Eduardo氏は、「土地問題」のなかで登場したFirst Paramount888社の主要な出資者でもある。


宇佐美貴士氏がSNSに投稿した文面

My boss hasn't given up yet. He will return and continue to fight to regain the company.


意訳:私のボスはまだあきらめていない。彼は(フィリピンに)戻ってきて、会社を取り戻すために戦い続けるだろう。

-

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇