遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

「岡田知裕名義の株式は自分のモノだ」と主張した岡田和生氏の当初の説明要旨

当初岡田和生氏が主張した内容の要旨

  • 1995年3月末の時点で、岡田和生は自らが創業した株式会社ユニバーサル社の発行する株式のうち、80%近くを持っていた
  • 1995年12月12日には、同社の第1回無担保転換社債が株式に転換
  • その結果、新たに発行された24000株のうち、13,440株が岡田和生の名義になったほか、2400株ずつが長男・知裕と妹の裕実の名義となった
  • ただし、このとき子供たちは一切資金を拠出していない
  • 父親から子供たちに贈与した事実もない
  • また、1995年12月から1996年3月末までの期間に、下記のように持ち株構成を変更した
  • 岡田和生 71,171株(43.26%)
    岡田知裕 48,650株(29.53%)
    岡田裕実 10,850株(6.59%)
  • 当時は、会社の株式を一般に公開するための手続きを進めているさなか
  • 上記のような持ち株数の変更は、株式公開の手続きに必要な「登録申請のための報告書」を作成するためだった
  • 子供たちの持ち株数は増えたものの、ここでも転換社債のときと同じく、子供たちは一切資金を拠出していない
  • 父親として贈与したこともない
  • それが証拠に、子供たちはこれまで贈与税の申告および支払いをしていない
  • 子供たちの名義になっている株式は、単に父親の株式が名義だけ変わったもの
  • 子供たちの株はいわゆる「名義株」であり、これらの実質株主は岡田和生である

内容は、岡田和生氏が2019年8月13日付けで裁判所に提出した、訴状の内容にもとづいています。

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇