渦中のユニバーサルエンターテインメント

【短信】「オカダマニラ事件」から生じたいざこざに進展

私募債をめぐるトラブルは解決した。こんな報告がユニバーサルエンターテインメントからあったことを確認しました。

私募債をめぐるトラブルはもともと、岡田和生氏とその一派がフィリピンのリゾート施設・オカダマニラを不法に接収した事件から生じたものです。ユニバーサルエンターテインメントが事業資金を調達するため私募債を発行したとき、投資家に対して「岡田和生がユニバーサルエンターテインメントグループの経営に関与することはない」と約束していたところ、あとになってオカダマニラで事件が起きたため、トラブルに発展したのでした。

この件では最悪のケースだと、ユニバーサルエンターテインメントが私募債を買い戻すか、担保にしていたTiger Resort Asia社の株式などを投資家サイドに差し出さなければならない可能性もあったのですが、ある訴訟においてユニバーサルエンターテインメントが報告したところによれば、最終的には当事者間の話し合いにより解決したとのことです。

ユニバーサルエンターテインメントは私募債の問題が解決したことを別件の訴訟において報告

私募債に関連した訴訟が2023年6月に終了したことは書面で確認できる




参考までにふれておくと、この件ではこれまで香港と米国において、以下のような3つの訴訟が起きる事態になっていました。
 

リンク先訴訟(サ)
訴訟がはじまった時期 場所
2022年8月 香港高等法院
原告 被告
ユニバーサルエンターテインメント / Tiger Resort Asia GLAS Trust Company

※被告の欄に名前があるGLAS Trust Companyは、資金の出し手に代わって担保を保有する金融機関。私募債保有者本人ではない。

 

リンク先訴訟(e)
訴訟がはじまった時期 場所
2022年10月 ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所
原告 被告
GLAS Trust Company ユニバーサルエンターテインメント

 

リンク先訴訟(f)
訴訟がはじまった時期 場所
2023年1月 ニューヨーク州裁判所
原告 被告
GLAS Trust Company ユニバーサルエンターテインメント

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

社会・経済ランキング
いっそうの認知度向上のため、クリックをお願いします。

事実にもとづく、事実にこだわる

当サイト「ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇」が大切にしているのは、

  • 事実にもとづく、事実にこだわる
  • しっかりとした裏付けをとって、真相に迫る

という信念です。
当サイトでは、こうした信念を貫くため、裁判記録をはじめとした国内外のありとあらゆる情報にアクセスし、さまざまな物証に目を通し、徹底して調査することに注力しています。「誰々がこう話した」「関係者はこう言っている」、そんな伝聞を中心にすえた記事とは一線を画す、

ホンモノの記事


をご覧ください。

-渦中のユニバーサルエンターテインメント
-,

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを確認しました!

ブラウザ拡張機能を使用して、広告をブロックしていることが確認できました。

ブラウザの広告ブロッカーを無効にするか、当サイトのドメインをホワイトリストに追加したのち、「更新」をクリックしてください。

あなたが広告をブロックする権利があるように、当サイトも広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO