遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

「岡田和生の動静」 一覧

岡田和生

岡田和生とは?

遊技機メーカーと知られるユニバーサルエンターテイメント(創業時の社名は「ユニバーサルリース」)を立ち上げた人物。パチスロの製造・販売で実績を上げた結果、1999年には日本長者番付1位になったこともある。

岡田和生と不正

2017年にユニバーサルエンターテインメントグループで発覚した不正行為がきっかけになって、岡田和生氏は同社から追放された。調査によれば、これらの不正行為は氏が主導したものだったという。ただ、本人はこの調査結果を全面的に否定し、同社の経営に復帰すべく行動している。

岡田和生と疑惑

岡田和生氏には、ユニバーサルエンターテインメントから追放されるきっかけになった不正行為とは別に、複数の疑惑もある。これらは、関連の訴訟などが進むにつれて、白黒はっきりしていくと考えられる。

岡田和生の現在(いま)と過去


主に岡田和生氏の言動を取り上げたトピックについてまとめています。

イリノイ州シカゴ

岡田和生の現在(いま)と過去

岡田和生氏が5千万米ドルの支払いに直面 弁護士への報酬未払いで

「岡田和生が、Bartlit Beck法律事務所に対して5000万ドルの債務を抱えているのは間違いない」。海の向こう、米 ...

岡田和生の現在(いま)と過去

ビリオネア・岡田和生に忍び寄る「破滅の足音」

ユニバーサルエンターテインメントを創業し、一代で数千億円もの資産を築いた岡田和生氏がすべてを失う――。こんな可能性がある ...

ユニバーサルエンターテインメント株主総会招集通知

岡田和生の現在(いま)と過去

2020年の株主総会は無風 岡田和生氏は姿を見せず

ユニバーサルエンターテインメントが2020年3月27日に東京・台場で開催した定時株主総会は、昨年と比べてずいぶん静かなも ...

岡田和生の現在(いま)と過去

岡田和生氏に悪用されたPR TIMES社の愚

去る2019年11月13日、午後12時1分。プレスリリース配信の大手・PR TIMES社から、こんなタイトルのリリースが ...

岡田和生の現在(いま)と過去

一般論から考える「岡田和生メッセージ」の怪

このところネット上ではおとなしくしていた渦中の御人が、再び活動を始めたようです。このたびリニューアルされた岡田和生氏の公 ...


当カテゴリの記事一覧へ



「カリスマ経営者」の内実


かつては「カリスマ経営者」などともてはやされてきた、岡田和生氏の実態を取り上げています。

岡田和生の問題発言

「カリスマ経営者」の内実

岡田和生の「化けの皮」(2)

一代にして自分の会社を大きくしたという事実。自己の資産を数千億円にまで積み上げた実績。こういった結果だけ見れば、岡田和生 ...

岡田和生の問題発言

「カリスマ経営者」の内実

岡田和生の「化けの皮」(1)

一代にして自分の会社を大きくしたという事実。自己の資産を数千億円にまで積み上げた実績。こういった結果だけ見れば、岡田和生 ...

「カリスマ経営者」の内実

ウソ偽りのオンパレード “演出屋”岡田和生の手口

事実が何であるか見定めること、見定めようとすることは、あらゆる局面で重要な行程です。もちろん、予測することや想像すること ...

「カリスマ経営者」の内実

【注目】岡田和生という男の現実と本質

「人の考えを本当に理解したいなら、彼らの言葉ではなく、行動に注意を払え」――。こんな教えを遺した哲学者が生きた時代は、い ...


当カテゴリの記事一覧へ



訴訟と捜査の現場から


岡田和生氏に関連した訴訟の動向や、捜査当局の動きを取り上げています。

岡田和生の「無条件釈放宣言」はフェイクか

訴訟と捜査の現場から

「犯罪嫌疑は晴れた」と主張した岡田和生氏が目をそむけたい『不都合な真実』

ここに、「奇妙な事実」があります。そしてこの事実に基づけば、岡田和生氏の主張は、またしてもたちまち矛盾をはらんだものにな ...

訴訟と捜査の現場から

「岡田和生が訴えた『名誉毀損』は要件を満たさず」――裁判所が結論

「ユニバーサルエンターテインメントが公表した調査報告書は、私の名誉を毀損するものだ」――。こんな言いぶんで、岡田和生氏か ...

訴訟と捜査の現場から

訴訟の舞台は韓国にまで拡大 岡田和生氏がさらに賠償の請求を受ける

ユニバーサルエンターテインメントは、韓国でも岡田和生氏に訴訟を提起していたようです。これで会社側が氏の問題行為を追及する ...

訴訟と捜査の現場から

岡田和生氏が控訴審でも敗れる 日本での刑事罰に現実味

東京地裁において、「被告・岡田和生に法律違反があった」との結論が出たのは、2020年2月のこと。あれから東京高裁でも同じ ...

訴訟と捜査の現場から

アルゼゲーミングのマシンがマカオ当局に押収されていたという事実

アルゼゲーミンググループとそのオーナー・岡田和生氏による特許侵害行為に対して、世界各国で追及を進めていく――。こんな指針 ...


当カテゴリの記事一覧へ



© 2021 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇