遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

岡田和生の動向を知る

創業者や経営者の不正、不祥事が発覚したとき、多くの場合、まもなく過ちを認め、責任をとって退陣することが大半です。近年の例で言えば、大王製紙もそう。問題発覚から数ヶ月で経営者は交代し、経営陣の刷新に至りました。
しかし、ユニバーサルエンターテインメントの創業者、岡田和生氏の場合、こうした過去の事例と明らかに異なります。各種の調査で明らかになった不正のすべてを否定し、抗い続けてきたのです。このカテゴリでは、氏の動向が把握できるトピックを中心に取り上げています。

司法/捜査当局の動き

「680億円」の衝撃――岡田和生氏を襲う過去最大の賠償請求

2020/1/25  

680億円――。大半の人にとっては気の遠くなるような金額の請求を、岡田和生氏個人が受けることになりました。2017年6月 ...

司法/捜査当局の動き

岡田和生氏に新たな疑惑 香港で訴訟へ

2019/12/26  

巨額の不正送金。横領。特許権侵害。岡田和生氏に端を発した問題はこれまでも数々の事例が明らかになっていますが、あれらですべ ...

追われた創業者の足跡

岡田和生氏に悪用されたPR TIMES社の愚

2019/11/23  

去る2019年11月13日、午後12時1分。プレスリリース配信の大手・PR TIMES社から、こんなタイトルのリリースが ...

追われた創業者の足跡

ウソ偽りのオンパレード “演出屋”岡田和生の手口

2019/11/5  

事実が何であるか見定めること、見定めようとすることは、あらゆる局面で重要な行程です。もちろん、予測することや想像すること ...

司法/捜査当局の動き

岡田和生氏が抱える「刑事事件化」というリスク

2019/10/21  

フィリピンの当局が岡田和生氏に対して逮捕状を出してからすでに半年以上経つというのに、当の本人はこれまでのところ、どこ吹く ...

Copyright© ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇 , 2020 All Rights Reserved.