遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

岡田和生の動向を知る

創業者や経営者の不正、不祥事が発覚したとき、多くの場合、まもなく過ちを認め、責任をとって退陣することが大半です。近年の例で言えば、大王製紙もそう。問題発覚から数ヶ月で経営者は交代し、経営陣の刷新に至りました。
しかし、ユニバーサルエンターテインメントの創業者、岡田和生氏の場合、こうした過去の事例と明らかに異なります。各種の調査で明らかになった不正のすべてを否定し、抗い続けてきたのです。このカテゴリでは、氏の動向が把握できるトピックを中心に取り上げています。

岡田和生の問題発言

岡田和生の「化けの皮」

岡田和生の「化けの皮」(2)

2021/1/6  

一代にして自分の会社を大きくしたという事実。自己の資産を数千億円にまで積み上げた実績。こういった結果だけ見れば、岡田和生 ...

司法/捜査当局の動き

「岡田和生が訴えた『名誉毀損』は要件を満たさず」――裁判所が結論

2020/12/9    ,

「ユニバーサルエンターテインメントが公表した調査報告書は、私の名誉を毀損するものだ」――。こんな言いぶんで、岡田和生氏か ...

岡田和生の問題発言

岡田和生の「化けの皮」

岡田和生の「化けの皮」(1)

2020/11/6  

一代にして自分の会社を大きくしたという事実。自己の資産を数千億円にまで積み上げた実績。こういった結果だけ見れば、岡田和生 ...

司法/捜査当局の動き

訴訟の舞台は韓国にまで拡大 岡田和生氏がさらに賠償の請求を受ける

2020/10/13    ,

ユニバーサルエンターテインメントは、韓国でも岡田和生氏に訴訟を提起していたようです。これで会社側が氏の問題行為を追及する ...

司法/捜査当局の動き

岡田和生氏が控訴審でも敗れる 日本での刑事罰に現実味

2020/9/17    ,

東京地裁において、「被告・岡田和生に法律違反があった」との結論が出たのは、2020年2月のこと。あれから東京高裁でも同じ ...

司法/捜査当局の動き

アルゼゲーミングのマシンがマカオ当局に押収されていたという事実

2020/7/9    

アルゼゲーミンググループとそのオーナー・岡田和生氏による特許侵害行為に対して、世界各国で追及を進めていく――。こんな指針 ...

岡田和生の現在(いま)と過去

ビリオネア・岡田和生に忍び寄る「破滅の足音」

2020/6/4  

ユニバーサルエンターテインメントを創業し、一代で数千億円もの資産を築いた岡田和生氏がすべてを失う――。こんな可能性がある ...

© 2021 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇