遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

岡田和生の動静

岡田和生

岡田和生とは?

遊技機メーカーと知られるユニバーサルエンターテイメント(創業時の社名は「ユニバーサルリース」)を立ち上げた人物。パチスロの製造・販売で実績を上げた結果、1999年には日本長者番付1位になったこともある。

岡田和生と不正

2017年にユニバーサルエンターテインメントグループで発覚した不正行為がきっかけになって、岡田和生氏は同社から追放された。調査によれば、これらの不正行為は氏が主導したものだったという。ただ、本人はこの調査結果を全面的に否定し、同社の経営に復帰すべく行動している。

岡田和生と疑惑

岡田和生氏には、ユニバーサルエンターテインメントから追放されるきっかけになった不正行為とは別に、複数の疑惑もある。これらは、関連の訴訟などが進むにつれて、白黒はっきりしていくと考えられる。

岡田和生の現在(いま)と過去


主に岡田和生氏の言動を取り上げたトピックについてまとめています。

オカダマニラ外観

岡田和生の現在(いま)と過去

【情報メモ】「オカダマニラ占拠」の経緯と変遷

もとの写真はOkada Manila公式Twitterから いつもと同じように営業を続けていたリゾート施設の中枢に、徒党 ...

岡田和生の現在(いま)と過去

【情報メモ】「オカダマニラ強奪」に動いた主要人物たちの足跡

ユニバーサルエンターテイメントグループによって運営されていたオカダマニラを力づくで実効支配するという、大胆な行動に出た人 ...

岡田和生の現在(いま)と過去

【短信】沈黙を破った岡田知裕氏 オカダマニラを強奪した父親の排斥に動くと言明

画像は当サイトのYoutube動画から 岡田和生グループがオカダマニラを強奪し、占拠を続けている状況に対して、岡田和生氏 ...

Antonio Cojuangco(アントニオ・コアンコ) / 通称:Tonyboy(トニーボーイ)と岡田和生

岡田和生の現在(いま)と過去

「オカダマニラ強奪」の実行役が岡田和生氏と交わるまで

なぜ、岡田和生グループは、オカダマニラを力ずくで奪い取るという凶行に及んだのか? その動機を探る上では、事件の実行役にな ...

岡田和生の現在(いま)と過去

岡田和生グループは凶行に打って出なければならなかったのかもしれない

岡田和生氏の意向を受けたフィリピン人たちが、オカダマニラを力ずくで奪うといった大胆な行動に出てから、早1ヶ月。これまでの ...

当カテゴリの記事一覧へ



「カリスマ経営者」のウラオモテ


かつては「カリスマ経営者」などともてはやされてきた、岡田和生氏の実態を取り上げています。

岡田和生の問題発言

「カリスマ経営者」のウラウモテ

岡田和生の「化けの皮」(2)

一代にして自分の会社を大きくしたという事実。自己の資産を数千億円にまで積み上げた実績。こういった結果だけ見れば、岡田和生 ...

岡田和生の問題発言

「カリスマ経営者」のウラウモテ

岡田和生の「化けの皮」(1)

一代にして自分の会社を大きくしたという事実。自己の資産を数千億円にまで積み上げた実績。こういった結果だけ見れば、岡田和生 ...

「カリスマ経営者」のウラウモテ

ウソ偽りのオンパレード “演出屋”岡田和生の手口

事実が何であるか見定めること、見定めようとすることは、あらゆる局面で重要な行程です。もちろん、予測することや想像すること ...

「カリスマ経営者」のウラウモテ

【注目】岡田和生という男の現実と本質

「人の考えを本当に理解したいなら、彼らの言葉ではなく、行動に注意を払え」――。こんな教えを遺した哲学者が生きた時代は、い ...

当カテゴリの記事一覧へ



訴訟と捜査の現場から


岡田和生氏に関連した訴訟の動向や、捜査当局の動きを取り上げています。

訴訟と捜査の現場から

【情報メモ】香港で20数億円相当の賠償請求に直面する岡田和生氏の対応ぶり

香港で続く訴訟に、いくらか進捗があったことを確認しました。岡田和生氏は、ユニバーサルエンターテインメントグループから流出 ...

訴訟と捜査の現場から

【情報メモ】特許侵害をめぐる米国の法廷闘争 今後の見通しは

特許侵害をめぐって、2018年からユニバーサルエンターテインメントとアルゼゲーミングアメリカが争う訴訟は、ようやく後半戦 ...

オカダマニラ外観

訴訟と捜査の現場から

「岡田和生の復帰を認めた裁判所命令」が意味するところ

去る2022年5月11日、インターネット上にインパクトのある話が出回りました。なんと、ユニバーサルエンターテインメントグ ...

訴訟と捜査の現場から

【情報メモ】法律事務所と岡田和生氏の法廷闘争に事実上の終止符 岡田和生氏は72億円相当の支払いが必須に

「弁護士報酬5000万米ドルの未払い」をめぐって米国の法律事務所・Bartlit Beckと岡田和生氏の間で訴訟沙汰にな ...

フィリピンの控訴審裁判所のウェブサイト

訴訟と捜査の現場から

【情報メモ】岡田和生氏がフィリピンで進めてきた法的手続きの終結を確認

画像は控訴裁判所のウェブサイトから フィリピンの控訴裁判所のウェブサイトにアクセスし、資料にあたっていたところ、岡田和生 ...

当カテゴリの記事一覧へ



© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇