遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

司法/捜査当局の動き

疑惑は黒か白か――岡田和生氏が抱える訴訟のいま

投稿日:2019年9月30日 更新日:

ユニバーサルエンターテインメント(UE社)が岡田和生氏を相手取って提起していた訴訟のうち、東京地裁で係争中の案件は佳境に入ってきたようです。去る2019年5月には岡田和生氏本人が出廷し、尋問の手続きを済ませました。裁判の状況を整理するにはよい頃合いでしょうから、ここで論戦の実態をご覧に入れましょう。じつにさまざまなことが明らかになっています。

<<続きを読むのに必要なパスワードはこちらからご注文ください>>

この記事はしばらくの間、パスワードをご購入くださった方のみ閲覧できるものにさせていただきます。訴訟の詳しい内情をいますぐ知りたい、と考える方のみ、リンク先でパスワードをご購入ください。

パスワード制については、あくまで「しばらくの間」です。パスワードの購入は、「先行して記事が閲覧できる権利を買う」ようなものだとお考えください。その代わり、パスワードの価格は過去に記事を有料化したときよりずっとおさえました。

この記事を一般公開する時期については、2019年12月下旬以降、訴訟の判決が出るころを予定しています。記事で扱っている訴訟がまだ係争中であるため、いまの段階で確かな時期は明言できません。ただし、一般公開の時期が12月下旬から2020年1月、2月あたりまで後ズレすることはあっても、前倒しすることはないとお約束します。

以下、記事の概要になります。

  • 訴訟のなかのやりとりや証拠を取り上げつつ解説しています
  • 文字数はトータル12000文字近く
  • フローチャートや何点かの図解も収録
  • 訴訟の進捗にあわせて今後記事を加筆する可能性はあります

記事の著作権は、筆者に帰属します。
筆者に許可なく有料記事の内容について

  • 公開、再配信、他のウェブサイトへ掲載することを禁じます
  • 引用や転載、コピー&ペーストの類を実施することも認めません

また、

  • パスワードは第三者にもらさないでください
  • パスワードの購入件数と、記事にアクセスした人の数はカウントしています

事実に基づき記事を作成した自負はございますが、内容の正確性、安全性、有用性などについて、一切の保証を与えるものではありません。

このあたりのことについてはこちらもご覧ください

パスワードを入れてください。

次のページへ >

-司法/捜査当局の動き

Copyright© ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇 , 2019 All Rights Reserved.