遊技機メーカーとして知られるユニバーサルエンターテインメント社と、その創業者である岡田和生氏に関わる一連のトピックを追いかけております。 ​

ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇

渦中のユニバーサルエンターテインメント

ユニバーサルエンターテインメントの株主代表訴訟に見た「不可解」

2022年2月現在、日本の法廷では、ユニバーサルエンターテインメントの代表取締役社長・富士本淳氏が同社の株主1名から提起された訴訟で、ある疑惑の追及を受ける立場にあります。同社といえば、これまでさんざんお伝えしてきたように、創業者の岡田和生氏によるさまざまな不正が明るみになってきたわけですから、続けて現在の社長まで似たような問題を抱えているなら由々しき事態でしょう。ただ、実際のところこの話がそれほどシリアスなものかといえば、どうもそのようには見えません。むしろはた目には、この訴訟に打って出た原告株主がとってきた行動のほうこそ、興味深いもののように映ります。

この記事のあらすじ

  • ユニバーサルエンターテインメントの代表取締役社長・富士本淳氏が、同社の株主から提訴されることになった経緯と、その舞台裏についてつづる

「旗振りができるのは富士本社長をおいて他にいない」

富士本淳社長を提訴した原告株主の行動をたどってみたとき、注目に値するのはその変節ぶりにあります。なにしろこの株主は、いまでこそ富士本淳社長に対して牙をむいた立場にあるものの、かつては株主のほうから信書を送り、そのなかで「(ユニバーサルエンターテインメントは)上場会社に相応しい会社に変わるときが来ている」「その旗振りができるのは富士本社長において他にいらっしゃらない」と富士本淳社長本人に伝えていたのですから。

この信書については、富士本淳社長から株主宛に返信があったこともふくめて、報道機関に当時取り上げられました。ひょっとしたら、過去に下記のような記事を見たと記憶している方もいらっしゃるかもしれません。

ユニバーサル「岡田会長は経営者として不適」 | ロイター | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース
ユニバーサル「岡田会長は経営者として不適」 富士本社長が株主への書簡で岡田会長を糾弾

ユニバーサルエンターテインメント <6425.T>の富士本淳社長が、社内の資金に関し不正行為を行った疑いが浮上している同 ...

続きを見る

株主が信書を送ったのは2017年6月のことでした。これは、ユニバーサルエンターテインメントの創業者・岡田和生氏に不正行為があったとして、同氏が社内から追放されてまもないタイミングです。




一転して富士本淳社長を批判 その狙いは――

ところがこの株主はここからおよそ1年後、驚くような行動に出ます。なんと、今度は岡田和生氏の長男にあたる岡田知裕氏に信書を送ったのです。そして、この信書のなかでは富士本淳社長をこんな風に糾弾しています。

「富士本社長は御尊父(※岡田和生氏のこと)の悪政をより加速させているように見える」
「富士本社長による御尊父に対する執拗な訴訟提起も、やや度を越えているように見える」

1年前には富士本淳社長の手腕に期待する言葉をかけておきながらこうした行動に出るのはどうにも支離滅裂に見えますが、当の株主からすると、これは富士本淳社長から色よい返答が得られず、剛を煮やした結果のようです。知裕氏に宛てた信書の後半には、こんな言葉がつづられています。

信書の原文

我々は、岡田様こそ、王に値する方とお見受けしております。帝国は帝王によって統べられるべきであり、忘恩の輩が分相応な施政をなすべきではありません。富士本社長は、竹中半兵衛の稲葉山城の逸話のように、城を創業者に返すべきではないのでしょうか。

つまるところ狙いは、自分の望むような経営体制への刷新にある、というわけです。続く文面では、知裕氏にこんな提案までしはじめます。

信書の原文

私たちは、岡田様にであれば力を貸したいと思っており、貴方様が経営されるにあたり頼りにできる第三者をお引き合わせすることも可能だと思っております。

岡田知裕氏といえば、岡田和生氏による問題が発覚してからは父親に代わってオカダホールディングス(※ユニバーサルエンターテインメントの親会社に相当)の筆頭株主を務めている立場です。こうした関係で、知裕氏にはユニバーサルエンターテインメントに対して事実上の人事権がありますから、株主の誘い文句はある種、合理的なアプローチと言えるでしょう。言うなれば、これはユニバーサルエンターテインメントの経営に関与するための最短コースかもしれません。……もっとも、知裕氏がどこの馬の骨ともわからない連中になびくほど軽い人間かといえば、とてもそうは思いませんが。現に知裕氏は、この信書に一切返答をしていません。

株主Xが富士本社長提訴に動くまでの主な変遷

2017
2017-06-08

岡田和生会長の調査を進めるとの方針が社外に公表される

この日ユニバーサルエンターテインメントは、同社グループの資金およそ20億円が不正に流出していたと公表。あわせて、この問題に岡田和生会長が関わっていたと考えられるとして調査に動くことも明らかにした。

2017-06-17
2017-06-21
2018
2018-06-25
2019
2019-03-18

週刊誌で岡田和生氏が「富士本氏は不正な送金をした」と主張

この日発売になった週刊現代の誌面上において、岡田和生氏が「私は富士本氏が2012年に米国の子会社から4350万米ドルという巨額の不正送金を行ったことを問題視していた」「彼らは自らの不正行為が暴かれる前に私を排除し、ユニバーサルエンターテインメントを乗っ取ることを計画したのだと考えている」との主張を展開した。

2019-05-23

岡田和生氏が別件の訴訟においても「富士本淳に不正」と主張

岡田和生氏はこの日、別件の訴訟において実施した当事者尋問のなかで、先の週刊誌と同様の主張を展開した。尋問の後日には、証拠資料として自らの陳述書などを裁判所に提出している。

2019-08-26

株主Xが富士本淳社長を提訴

「富士本氏はユニバーサルエンターテインメントグループの資金およそ4350万米ドルを第三者の銀行口座に送金した」「これは、過去において富士本氏が主体的に不正送金に携わったことにほかならない」との理由で、株主Xがこの日、富士本淳社長を提訴。原告陣営は、訴状を提出したあと司法記者クラブ内で「提訴報告会見」なるものまで開き、そのなかでも富士本淳社長を批判した。

原告株主個人の保有株数はいかほど?


岡田知裕氏に対して「頼りにできる第三者を紹介できる」と提案して、ユニバーサルエンターテインメントの経営に介入することをほのめかした原告株主個人が同社の株式をどれほど保有しているかといえば、200株だそう(※数字はユニバーサルエンターテインメントが訴訟のなかで報告)。これは、同社が発行する株式総数の0.001%にも満たない。原告株主は、保有株式数と比べてずいぶんと大胆な提案をしているようにも見える。




株主の提訴は「岡田和生氏の主張だけが頼り」という実情

次のページへ >

-渦中のユニバーサルエンターテインメント
-,

© 2022 ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇